• 国際高等研究所てどんなところ?
  • 高等研報告書
  • 寄付
  • アーカイブ

メッセージ

立石 義雄

公益財団法人国際高等研究所

理事長森 詳介

関西経済連合会相談役

人類が直面する課題の解決に向けて、長期的かつ
多様な視点から、人類の未来と幸福のための活動を積極的に展開します。

国際高等研究所(高等研)は、国家プロジェクトである関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)の中核機関として、「人類の未来と幸福のために、何を研究すべきかを研究する」ことを基本理念に1984年に創設されて以来、常に高度化・複雑化する社会を見据えながら、多様な学術研究・探求を通じて、わが国の学術文化の向上と発展に貢献をしてまいりました。
さて今日まで幾多の困難を乗り越えて繁栄を続けてきた現代社会は、新型コロナウイルス感染症の全世界的な拡大により、その脆弱性を浮き彫りにされております。この感染症が収束しても、社会が旧来のままの形に復することはなく、大きく変容することは間違いありません。持続可能な社会の実現を目指す人類にとって、新たな課題が突き付けられ、今まさに歴史の転換点に差しかかっていると言えるでしょう。
こうした情勢にあって、人類が直面する課題の解決とその先の未来を見つめる高等研の基本理念は、より一層重要な意味を持つものと考えております。
折しも「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとする万国博覧会が2025年にここ大阪・関西で開催されます。けいはんな学研都市では、この貴重な機会を捉え、ワークショップ開催や提案アイデア取りまとめなど、松本紘所長を中心に万博に向けた様々な取組みが進められております。高等研といたしましても、これらの動きと連携して、ポストコロナの世界を意識しつつ、活動成果を積極的に社会に発信・還元していく必要があると考えます。
引き続き、長期的かつ多様な視点から、人類の未来と幸福に向けた活動を精力的に展開してまいりますので、高等研の活動につきまして、皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

松本 紘

公益財団法人国際高等研究所

所長松本 紘

理化学研究所理事長、京都大学前総長

ポストコロナ社会を見据えて、持続可能な社会の
実現に向けた学際的研究に取り組みます。

高等研は、人類社会のための研究を進めるに際して、その研究がどのような立ち位置にあるか、その研究はどこにつながるのか、というような、時間的にも、空間的にも、領域的にも、「広い」研究テーマを追求する研究所であり、ギリシャ時代のアカデミアのような役割を果たす世界の中でもユニークな研究所を目指しています。
高等研には、日本文化に触れながら研究に没頭できる魅力的な環境があります。この点で、海外への訴求力も高く、多くの人を呼び込めるポテンシャルを秘めています。そして、大学や研究機関のみならず、企業や行政も含めて分野・領域を越えた人々が結集し、自由な討論が可能な風土を備えています。加えて、けいはんな哲学カフェ「ゲーテの会」やけいはんな「エジソンの会」をはじめとした地域住民や地域企業にも開かれた活動を展開することで、けいはんな学研都市において文化・学術を醸成するハブとしての役割を果たしてきました。自然科学と人文・社会科学の融合の先駆けとして、これからも高等研は日本をリードせねばなりません。
我々は、新型コロナウイルス感染症によるパンデミックを経験しました。こうした感染症は自然災害とともに大きく人類社会を動かすトリガーとなり大きな社会的インパクトを与えてきました。例えば、第一次世界大戦時に発生し大戦を終焉に導く一要素となったスペイン風邪等歴史的事実があります。こうしたことに学びながら、パンデミックを乗り越えて行くためには、研究者としてはポストコロナを見据えて研究のあり方、研究の進め方、研究テーマの選び方を今後より深く考える必要があります。今後の持続可能社会の実現に向けて、高等研の学術研究機関としての役割、使命は重要性を増しています。
引き続き、人間を強く意識し、人々の生活と密接に関わりながら、持続可能な社会の実現に向けた学際的取り組みを行い、次世代を担う若者が希望を持てる未来社会の創出に寄与することを目指していきます。