• 国際高等研究所てどんなところ?
  • 高等研報告書
  • 寄付

基幹プログラム

SDGs時代における科学技術のあり方―ブダペスト宣言から20年―

研究代表者:有本 建男
国際高等研究所副所長、政策研究大学院大学客員教授

SDGs(持続可能な開発目標)に向けた科学技術の役割)の枠組みと、ブダペスト宣言(21世紀の科学と科学の使用に関する世界宣言)に焦点を当てて、科学技術のあり方、科学者コミュニティの役割と責任、思想的基盤、異分野融合型研究体制のデザインについて検討する。

参加研究者リスト2018.04.01現在

有本 建男 国際高等研究所副所長、政策研究大学院大学客員教授
大竹 暁(幹事) 科学技術振興機構上席フェロー、東京大学政策ビジョン研究センター客員教授
駒井 章治(幹事) 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科准教授
宮野 公樹(幹事) 京都大学学際融合教育研究推進センター准教授
隠岐 さや香 名古屋大学大学院経済学研究科教授
狩野 光伸 岡山大学副理事・大学院医歯薬学総合研究科副研究科長
小寺 秀俊 理化学研究所理事

■ 研究目的・方法

21世紀に入って社会経済の構造と科学技術のあり方が大きく変化している。特に、ここ数年、気候変動パリ協定、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)の国連全加盟国一致の決議などの国際協調の流れと、これとは逆に、一国主義、保護主義、権威主義国家の台頭と波及が同時に起こっている。世界は今や歴史的に転換期の複雑で不透明な時代を迎えているとみることができる。この変化の技術的基盤はICTの革新にある。
こうした歴史的な転換期において、今後の科学技術の在り方、社会経済と人々との関係について、目指す価値、政策、研究の方法、教育、ファンディング、大学マネジメントなどの各レベルで改革が迫られている。
この研究会では、「21世紀科学技術のあり方研究会」の3年間の蓄積を踏まえて、新しい時代における科学技術と社会との新しい契約・責務・実践として重要となる、2年前から開始され世界的に大きな潮流になると見込まれるSTI for SDGs(SDGs目標解決に向けた科学技術の役割)の枠組みと、20年前に世界の科学技術コミュニティが合意しその後各国の科学技術政策の思想的基盤となっている、ブダペスト宣言(「21世紀の科学と科学の使用に関する世界宣言」、UNESCOとICSU、1999年)に焦点を当てて、変化の激しい時代の、科学技術のあり方、科学者コミュニティの役割と責任、思想的基盤、異分野融合型研究体制のデザインについて検討する。

今後の計画・期待される効果

大学や研究機関などと連携して議論を深め、内外にその活動のネットワークを広げる。

一覧に戻る