高等研レクチャー2012「心の進化的起源」

開催概要

開催期間 : 2012年12月8日(土)13時30分~17時
開催場所 : 東京大学伊藤謝恩ホール(東京都文京区本郷7-3-1)
後        援 : 文部科学省、日本学術振興会
(公社)関西経済連合会、京都府、(公財)関西文化学術研究都市推進機構
日本赤ちゃん学会、日本基礎心理学会、日本社会心理学会、日本神経科学学会
日本心理学会、日本動物心理学会、日本発達心理学会、日本霊長類学会、日本ロボット学会

趣  旨:

高等研レクチャーは、直前に実施した高等研カンファレンスの一つの成果ならびに一般の方々への情報開示の意義をもっている。12月8日午後に、東京大学伊藤国際学術研究センター・伊藤謝恩ホールで開催する。講演者は3名である。心と脳をつなぐ大きな発見のひとつである「ミラーニューロン」の発見者であるジアコーマ・リゾラティー(イタリア・パルマ大学)、サルの道具使用の神経科学研究から「認知的ニッチ構築」という新たな概念を生み出した入来篤史(理化学研究所)、人間以外の動物にも広く認められる「共感」を基礎に行動学の立場から人間の心の本質を読み解こうとしているフランス・ドゥバール(米国・エモリー大学)を予定している。心と脳の科学的研究を、神経科学や認知科学や行動学という広がりをもった視点で紹介する。司会は松沢哲郎(京都大学霊長類研究所)、長谷川寿一(東京大学)が歓迎の挨拶をする。


開催概要:

(1)講演者  3名

  •   フランス・ドゥバール(エモリー大学)
  •   入來篤史(理化学研究所脳科学総合研究センター)
  •   松沢哲郎(高等研学術参与・京都大学霊長類研究所)

(2)聴講者 約160名 事前申込者 132名(申込数 242名)
当日申込者 28名

(3)使用言語   英語(同時通訳なし)
プログラム
講演者・サマリー
参加申し込み

▲ページトップへ