• 国際高等研究所てどんなところ?
  • 高等研報告書
  • 寄付
  • アーカイブ

第85回 けいはんな「ゲーテの会」

開催概要

「新しい文明」の萌芽を探る日本と世界の歴史の転換点で、転轍機を動かした「先覚者」の事跡をたどる

85

思想・文学

日本人の実像を求めて旅した民俗学の祖「柳田国男」

【講演者】
鶴見 太郎早稲田大学教授
【講演者経歴】
1965年生。京都府出身。早稲田大学教授。 専攻は日本近現代史。京都大学文学研究科博士課程修了。博士(文学)。京都文教大学助手、早稲田大学文学部講師、助教授、准教授を経て現職。主な著書に『柳田国男とその弟子たち』(人文書院 1998年)、『橋浦泰雄伝』(晶文社 2000年)、『或る邂逅 柳田国男と牧口常三郎』(潮出版社 2002年)、『民俗学の熱き日々』(中公新書 2004年)、『座談の思想』(新潮選書 2018年)など。
【講演要旨】
こんにち、柳田国男の民俗学はしばしば日本民俗学と同義に捉えられることが多い。それは一体何に起因するものなのだろうか。少なくともその理由の一端は、柳田の安定した循環構造を持つ神観念と、地方の郷土史家を連ねるようにして形成された研究組織網に求められるといっていい。加えて柳田によって論じられる素材は多くの読者にとって、そうした事例は自分の身の回りにも起こり得ると受け止められ、追体験への道を開くものでもあった。その意味で折口信夫の直観力、南方熊楠の博覧強記にみられるような、読者を圧倒する世界は柳田の採るところではなかったといえる。本報告では大正末から昭和初年にかけてを中心に、柳田の民俗学がどのような形で地方へと浸透していったか、その実像について考えて行きたい。
開催日時
2021年5月26日(水)18:00~20:00
開催場所

【重要なお知らせ】今回はオンライン開催のみとなります。

住所
今回はオンラインのみ
参加費
今回は無料
定員
40名(先着順・定員になり次第締め切り)
締切
2021年5月25日(火)必着