• 国際高等研究所てどんなところ?
  • 高等研報告書
  • 寄付
  • アーカイブ

京都スマートシティエキスポ2020「知の巨人」に関する
動画が配信されました。

この度、国際高等研究所の松本紘所長がコーディネーターを務めた京都スマートシティエキスポ2020「知の巨人 パネルセッション」ならびに国際高等研究所が企画・協力した「知の巨人 フォローアップセミナー」に関する動画が配信されました。

動画配信はこちら


■京都スマートシティエキスポ2020 特別企画 (京都府主催、2020年10月27日開催)
知の巨人 パネルセッション「ニューノーマル時代の人類へ」 
コーディネーター:松本紘 国際高等研究所所長
パネリスト:磯田道史氏、小安重夫氏、孫泰蔵氏、松岡正剛氏
 
■京都スマートシティエキスポ2020 特別企画 
知の巨人 フォローアップセミナー
コーディネーター:国際高等研究所所長 松本 紘
〇高等研セミナー1 
「国際高等研究所が取り組むCovid-19のニューノーマル時代への提言」
テーマ「SDGsとコロナパンデミックの時代における科学技術のあり方を考える」
    有本 建男 国際高等研究所副所長
テーマ「ポスト・コロナ禍における時代と社会を展望する−コロナ禍が加速する第4次産業革命−」
    佐和 隆光 国際高等研究所副所長
テーマ「ヘルスリテラシーの向上とけいはんな学研都市の振興−ポスト・コロナ社会の健康・長寿を目指して−
    高見 茂  国際高等研究所副所長

〇高等研セミナー2 
「多様な分野の若手・中堅の研究者と国際高等研究所松本所長によるニューノーマル時代についてのトークセッション」
ファシリテーター:駒井 章治 国際高等研究所客員研究員、東京国際工科専門職大学教授
         宮野 公樹 国際高等研究所客員研究員、京都大学学際融合教育研究推進センター准教授
若手・中堅研究者で構成される「きづミーティング*」メンバーと松本所長による討論
*「きづミーティング(集合知ネットワーク構築プロジェクト)」は2018年度より開始した国際高等研究所研究プロジェクトです。


また、10月28日(水)に開催された京都スマートシティエキスポ2020の特別企画にて国際高等研究所「日本文化創出を考える」研究会が主催するパネルセッションを開催いたしました。
テーマは「世界に発信する日本の文化力 ~ニューノーマル時代の基盤構築に向けて~」と題し、「日本文化創出を考える」研究会の参加研究者が登壇いたしました。

当日の様子はこちら