• 国際高等研究所てどんなところ?
  • 高等研報告書
  • 寄付

第56回 けいはんな「ゲーテの会」

開催概要

未来に向かう人類の英知を探る- 時代の裂け目の中で、人々は何に希望を見出してきたか -

56

芸術・音楽

特別企画 信時潔レクチャーコンサート 「信時潔」の楽曲に揺り動かされる日本人の魂

【講演者】
信時裕子日本音楽学会会員
【講演者経歴】
武蔵野音楽大学卒業(音楽学専攻)。日本近代音楽館に20余年勤務。信時潔『独唱曲集』『ピアノ曲集』(春秋社)等の復刻を推進。CD『SP音源復刻盤 信時潔作品集成』を企画・構成。編著書『バッハに非ず 信時潔音楽随想集』など。東京藝術大学附属図書館信時潔文庫の整理に携わり、信時文庫貴重楽譜データベース公開に至る。ウェブサイト「信時潔研究ガイド」主宰。信時潔の孫(三男の娘)。
【講演要旨】
【解説講演】 信時 裕子
 画像でたどる「信時潔」の生涯

【レクチャーコンサート】 ピアノ:塚田尚吾、ソプラノ:中原加奈、バリトン:廣田雅亮
 日本人の心に響く珠玉の旋律
 洋楽と和楽の融合を企図した『信時潔』戦前戦後の事績を辿る

<演奏曲目>
①きえゆく星影      ピアノソロ
②海雀
③わすれな草
④小倉百人一首より 久方の、淡路島
⑤いずくにか
⑥遠足
⑦木の葉集より (抜粋)   ピアノソロ
⑧沙羅より(抜粋)
⑨海ゆかば
⑩帰去来
⑪あかねさす
⑫めぐりあひて


開催日時
2018年2月28日(水)18:00~20:30
開催場所
公益財団法人 国際高等研究所
住所
〒619-0225 京都府木津川市木津川台9丁目3番地
参加費
2,000円(*ドリンクのみ提供。 今回は特別企画のため、食事の提供はありません)
定員
100名(先着順)
締切
2018年2月27日(火)必着

当日の様子

平成30年2月28日(水)18時から、国際高等研究所コミュニティホールで、「信時潔(作曲家:1887-1965)」をテーマとする「レクチャーコンサート」が開催されました。「信時潔」の再評価が進む中、多くの人の関心を引き、約70名の参加者で会場は満席状態となりました。

本コンサートは、第56回「ゲーテの会」の特別企画として、これまでと異なった形式で開催され、第I部は「画像でたどる『信時潔』の生涯」と題しての信時祐子先生(日本音楽会会員・信時潔のお孫さん)によるお話。第II部は、信時祐子先生の解説を交えての「信時潔」の楽曲の演奏(協力:マイリズム音楽事務所)という趣向で、音楽鑑賞を主体としたものでした。

演奏曲目は、北原白秋「海雀」・「帰去来」、与謝野晶子「いづくにか」、新訂尋常小学唱歌・佐野保太郎「遠足」、万葉集・大伴氏「海ゆかば」、紫式部「めぐりあひて」など。演奏者は、京都市立芸大などで学ぶ若き声楽家、ピアニストたち。

参加者は共々に、そのすばらしいソプラノ(中原加奈)の、バリトン(廣田雅亮)の歌声に、ピアノ演奏(塚田尚吾)に聴き入り、しばし時を忘れました。

そして最後、アンコール曲「遠足」の残響に浸りながら演奏者と写真に収まる人も何組もあり、参加者は興奮冷めやらぬ中、満足の笑みをたたえながら三々五々会場を後にしました。(文責:国際高等研究所)

  • マイリズム音楽事務所
最新に戻る