• 国際高等研究所てどんなところ?
  • 高等研報告書
  • 寄付
  • アーカイブ

第38回 けいはんな「ゲーテの会」

開催概要

日本の未来を拓くよすが(拠)を求めて-日本の近代化を導いた人々の思想と行動、その光と影を追う-「西の文化」の彼方に「東の文化」を構想した人物

38

芸術・音楽

天心・岡倉覚三

【講演者】
稲賀 繁美国際日本文化研究センター副所長、総合研究大学院大学教授
【講演者経歴】
国際日本文化研究センター副所長・総合研究大学院大学教授
1957年東京生まれ、広島育ち
東京大学大学院比較文学比較文化専攻博士課程単位取得退学
パリ第7大学統一博士号取得
専門は、比較文化史、文化交渉史
主著に『接触造形論』『絵画の臨界』『絵画の東方』『絵画の黄昏』など。
【講演要旨】
『茶の本』(1906)出版から百年、さらに没後百年(2013)などを迎えて、近年、岡倉天心の研究はふたたび隆盛を見せてきた。その一端は、『別冊太陽・岡倉天心』(2013)の巻にも、盛り込まれている。危険な国粋的汎アジア主義の扇動者といった評価は、敗戦後の思想史研究の偏りとして一掃されたに等しく、その反対に当時の国際情勢下に天心の思想と行動を据えなおす学術的努力が成果を結ぶようになってきた。それを3点にまとめてみよう。ひとつには東洋美術という概念を西欧世界に定着させた国際的美術行政担当者としての位置づけ。ボストン美術館での活躍の背景には天心の「支那・印度」体験が無視できまい。第2には、とりわけインドでの宗教刷新運動との関わり。シカゴ万国宗教議会で一躍注目をあつめたヴィヴェカーナンダ(ベンガル名ビベカノンド)との触発から、般若波羅蜜多会を日本で開催しようとした天心らの周囲の動きが、近年、再発掘されてきた。第3には『茶の本』の思想的な射程。九鬼周造らへの伝播も含め、西洋思想に対峙した東洋近代思想の動きには、今日的な意義が再認識されつつある。そこには若き日にシカゴはポール・ケイラスのオープン・コートで仏典翻訳出版事業に挺身した、大拙・鈴木貞太郎も絡まってくる。『道徳経』の「道」は近代の東西思潮の交流のなかでいかなる変貌と再解釈を遂げたのか。その思想的・造形的・宗教的意義を問いたい。
開催日時
2016年8月18日(木)18:00〜20:30
開催場所
公益財団法人国際高等研究所
住所
京都府木津川市木津川台9丁目3番地
参加費
2,000円(交流・懇談会費用を含む)
定員
40名(申し込みが定員を超えた場合は抽選)
締切
2016年8月16日(火)必着