• 国際高等研究所てどんなところ?
  • 高等研報告書
  • 寄付
  • アーカイブ

第37回 けいはんな「エジソンの会」

開催概要

人と機械の未来~ムーンショット型研究開発によるアプローチ~

講師
  • 福田 敏男氏
    名古屋大学名誉教授 
    名城大学教授 
    早稲田大学特命教授
  • 粕谷 昌宏氏
    株式会社メルティンMMI 代表取締役
開催日時 2021年4月23日(金)14:00~17:30
開催場所 公益財団法人国際高等研究所
住所 〒619-0225 京都府木津川市木津川台9丁目3番地
概要  今、我が国は超高齢化や大規模自然災害、地球温暖化問題など、様々な困難な課題に直面しています。こうした課題に対し、「Human Well-being(人々の幸福)」を目指し、その基盤となる社会・環境・経済の諸課題を解決するために、破壊的イノベーションの創出、従来の延長にない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発制度(ムーンショット型研究開発)が創設されました。
 第37回会合では、ロボット工学の世界的権威であり、世界のロボット研究を牽引され、昨年IEEE会長を務められた福田敏男氏より、ムーンショット型研究開発の概要と、そこで取り組まれている「自ら学習・行動し、人と共生するロボットの実現」についてご紹介頂きます。また、先進的なサイボーグ技術を基に多くの企業・機関との実証実験を積極的に行っている注目のベンチャー企業で、2018年にForbesより世界の注目すべきアジアの30人に選出されたメルティンMMI社の粕谷昌宏氏より、医療と工学の融合による最先端ロボティクス技術とその取り組みについてお話を頂きます。
人が「身体」「脳」「空間」「時間」の制約から解放された社会の実現を目指し、サイバー空間と実空間に係る基盤技術の連携・融合を図る「人と機械の未来」を議論することにより、分野を超えた研究者・技術者、企業の様々な立場の皆様にも非常に興味深く、大いに参考にしていただけるものと期待しています。
共催、後援、協力 【後援】 国立研究開発法人理化学研究所(予定)
     公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構(予定)

タイムテーブル

13:30
受付開始
14:00-15:00
「ムーンショット型研究開発によるアプローチ ~自ら学習・行動し、人と共生する ロボットの実現に向けて~」福田 敏男氏 
名古屋大学名誉教授 名城大学教授 早稲田大学特命教授
15:10-16:10
「身体と機械の融合による人類の可能性の最大化」粕谷 昌宏氏 
株式会社メルティンMMI 代表取締役
16:20-17:30
インタラクティブ・セッションご登壇者(福田敏男氏、粕谷昌宏氏)
上田 修功 エジソンの会スーパーバイザー
新型コロナウイルス感染拡大予防のため、今回は情報交換会を中止とさせていただきます。

当日の様子

最新に戻る