• 国際高等研究所てどんなところ?
  • 高等研報告書
  • 寄付
  • アーカイブ

けいはんな「エジソンの会」

けいはんな学研都市が標榜する「立地機関間の連携とそれによる成果の創出」を促進するため、国際高等研究所が知的ハブとしての役割を果たし、立地機関の研究者や技術者を中心にあらゆる人が出入り自由なコミュニティの形成と、この街ならではの基幹技術・基幹産業の確立を目指して、2016年6月21日に、けいはんな「エジソンの会」を発足しました。

今回の開催案内はこちら

概要

けいはんな「エジソンの会」は、けいはんな学研都市が標榜する「立地機関間の連携とそれによる成果の創出」を促進するため、国際高等研究所が知的ハブとしての役割を果たすとともに、立地機関の研究者や技術者のコミュニティを形成し、具体的な「オープンイノベーション」の成功事例の確立に寄与することを目指し、2016年6月21日に発足しました。
「エジソンの会」は発足以来、AIを中心とした最新の科学技術の動向や知識の共有、国の研究機関や大学での研究開発成果、先進企業の取り組み、人文社会面からの考察等、参加機関に対し、知識の幅を広げるための取り組みを実施し、2019年3月までに34回の会合を開催してきました。
2020年度については、サイエンスの進歩とそれによるテクノロジーの発展、そこから見出される科学・技術・社会の相互作用の重要性を踏まえ、特に我々の生活や社会に大きな影響をもたらすと思われる分野や技術に焦点を当て、人文社会系の知の重要性とトランスサイエンスの観点を念頭に置きながら、未来に向けて取り組むべき研究対象、技術開発の対象は何かを考察していきます。

さらに「エジソンの会」は長期的な視点のもと、けいはんな学研都市の核となる科学技術を確立するとともに、けいはんな学研都市に集結した研究機関や企業が、連携による相乗効果を発揮することで、より高い価値を生み出し続けられるサイエンスシティづくりを目指します。核となる科学技術と産業の領域が育まれることにより、人、モノ、カネ、情報が自ずと集まる都市の新たな持続可能モデルを確立したい考えです。
「エジソンの会」の企画・運営は国立研究機関、大学及び企業から構成される企画運営委員会が行い、自治体を中心とするオブザーバーからの支援を受けて展開しています。

企画運営委員会

  • 国立研究開発法人理化学研究所
  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所
  • 情報通信研究機構ユニバーサルコミュニケーション研究所
  • 国立大学法人奈良先端科学技術大学院大学
  • 国立大学法人滋賀大学
  • 西日本電信電話株式会社
  • サントリーホールディングス株式会社
  • パナソニック株式会社
  • 株式会社島津製作所
  • 京セラ株式会社
  • オムロン株式会社
  • 株式会社国際電気通信基礎技術研究所
  • 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構
  • 日本電産株式会社
  • 公益財団法人国際高等研究所

(順不同、15機関)

オブザーバー

  • 京都府
  • 奈良県
  • 木津川市
  • 奈良市
  • 精華町
  • 国立国会図書館
  • 公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構
  • 公益社団法人関西経済連合会
  • 公益財団法人京都産業21

(順不同、9機関)

2022年1月1日時点

開催概要

第41回
けいはんな「エジソンの会」

宇宙の未来 ~宇宙の可能性と宇宙ビジネスの最前線~

講師
  • 中須賀 真一氏
    東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 
    教授


    1988年東京大学大学院博士課程修了、工学博士。同年、日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所入社。1990年より東京大学講師、助教授を経て、2004年より航空宇宙工学専攻教授。日本航空宇宙学会、SICE、IAA等会員, IFAC元航空宇宙部会部門長、およびUNISEC-GLOBALは設立時より委員長。超小型人工衛星、宇宙システムの知能化・自律化、革新的宇宙システム、宇宙機の航法誘導制御等に関する研究・教育に従事。2003年の世界初のCubeSatの打ち上げ成功を含む超小型衛星13機の開発・打ち上げに成功。宇宙ベンチャー会社数社の設立に貢献し、アジアをはじめ多くの国の超小型衛星をベースにした宇宙工学教育も実施。2012年より政府の宇宙政策委員会委員。基本政策部会長はじめ複数省の宇宙関連プログラムの委員長も務める。
  • 新井 元行氏
    株式会社Synspective 
    代表取締役CEO
    博士(工学)


    米系コンサルティングファームにて、 5 年間で 15 を超えるグローバル企業の新事業/技術戦略策定、企業統治および内部統制強化などに従事。その後、東京大学での開発途上国の経済成⻑に寄与するエネルギーシステム構築の研究を経て、サウジアラビア、バングラデシュ、ラオス、カンボジア、ケニア、タンザニア、そして日本の被災地等のエネルギー・水・衛生・農業・リサイクルにおける社会課題を解決するプロジェクトに参画。衛星からの新たな情報によるイノベーションで持続可能な未来を作ることを目指し、2018 年に株式会社 Synspective を創業。
  • 伊藤 美樹氏
    株式会社アストロスケール 
    代表取締役


    日本大学大学院航空宇宙工学専攻修了後、内閣府最先端研究開発支援プログラム「(通称)ほどよし超小型衛星プロジェクト」にて2 機の超小型人工衛星「ほどよし3 号機」「ほどよし4号機」の熱・構造設計、試験業務に従事。その後、およそ1年間、外国人留学生の衛星製造の指導や開発サポート業務を経て、2015 年4 月アストロスケール日本R&D に入社、同社代表取締役社長に就任。エンジニア業務も兼任し、デブリ除去衛星実証機、「ELSA-d(エルサ・ディー)」やJAXA の商業デブリ除去実証Phase1 の実証衛星「ADRAS-J(アドラス・ジェー)」の開発に従事。2018年には、「Forbes Emergent 25」や日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018」に選出、アストロウーマン賞を受賞。
    アストロスケールグループ組織編成に伴い、2019年2月に同社ゼネラルマネージャー、2022年8月に代表取締役に就任。
開催日時 2022年12月23日(金)14:00~17:45
開催場所 公益財団法人国際高等研究所アクセスマップ
住所 〒619-0225 京都府木津川市木津川台9丁目3番地
参加費 一般3,000円/人 大学生および大学院生(30歳以下)は無料
定員 50名(先着順・定員になり次第締め切り)
概要  太古の昔より我々人類は星空を眺め、その先にあるものを夢見、遥か先の未来に思いを馳せて来ました。
 1961年ボストーク1号が初めて人類を宇宙に運び、その8年後にはアポロ11号が人類を月面に運びました。その後も人類は宇宙への果敢な挑戦を続け、最新科学技術とともに進化してきましたが、これまで超大国のリードのもとに進歩してきたと言っても過言ではありませんでした。
第41回会合では、宇宙開発で世界をリードし、自らが超小型衛星開発で多くの成果を有し、後進の指導・育成でも日本の宇宙産業を牽引されている中須賀真一氏より、宇宙開発が秘める大きな可能性と宇宙ビジネスがもたらす未来の生活や社会について、日本が誇る最先端技術のご説明を通してお話を頂きます。
 企業からは、合成開口レーダー(SAR)衛星から地球を見つめ、新たな情報によるイノベーションで持続可能な未来を目指す新井元行氏より、次世代の小型衛星開発と衛星データ活用の最前線についてお話を頂きます。また、学生時代より超小型衛星の開発に携わり、現在はスタートアップで宇宙の持続可能性(スペースサステナビリティ)の実現を目指す伊藤美樹氏より、軌道上サービスの技術開発動向と今後の展望についてお話を頂きます。
 宇宙ビジネスの現状と今後の潮流に触れ、宇宙の未来を見つめることで、開かれた宇宙の可能性について、ご登壇者と議論しながら一緒に考えてみませんか。
共催、後援、協力 【後援】 国立研究開発法人理化学研究所
     公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構

プログラム

13:30
受付開始
14:00-15:00
「宇宙が社会に貢献する未来を見据えて ~超小型衛星の新しい潮流と宇宙ビジネスの今後~」中須賀 真一氏
東京大学大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授
15:00-15:40
「次世代の小型衛星の開発と観測データの活用 ~災害、環境、社会インフラのリスクから 人類を守る~」新井 元行氏
株式会社Synspective 代表取締役CEO
15:50-16:30
「持続可能な宇宙環境の実現を目指して ~宇宙のロードサービス確立への取組み~」伊藤 美樹氏
株式会社アストロスケール 代表取締役
16:35-17:45
インタラクティブ・セッションご登壇者(中須賀真一氏、新井元行氏、伊藤美樹氏)
上田 修功 エジソンの会スーパーバイザー

※インタラクティブ・セッションは、参加者からの質問や意見を登壇者と討議する場です。
新型コロナウイルス感染拡大予防のため、今回は情報交換会を中止とさせていただきます。

過去に開催されたけいはんな「エジソンの会」

第41回

宇宙の未来  ~宇宙の可能性と宇宙ビジネスの最前線~

  • 日時:
  • 講師:
2022年12月23日(金)14:00~17:45
中須賀 真一氏
東京大学大学院 工学系研究科 航空宇宙工学専攻 
教授


1988年東京大学大学院博士課程修了、工学博士。同年、日本アイ・ビー・エム東京基礎研究所入社。1990年より東京大学講師、助教授を経て、2004年より航空宇宙工学専攻教授。日本航空宇宙学会、SICE、IAA等会員, IFAC元航空宇宙部会部門長、およびUNISEC-GLOBALは設立時より委員長。超小型人工衛星、宇宙システムの知能化・自律化、革新的宇宙システム、宇宙機の航法誘導制御等に関する研究・教育に従事。2003年の世界初のCubeSatの打ち上げ成功を含む超小型衛星13機の開発・打ち上げに成功。宇宙ベンチャー会社数社の設立に貢献し、アジアをはじめ多くの国の超小型衛星をベースにした宇宙工学教育も実施。2012年より政府の宇宙政策委員会委員。基本政策部会長はじめ複数省の宇宙関連プログラムの委員長も務める。
新井 元行氏
株式会社Synspective 
代表取締役CEO
博士(工学)


米系コンサルティングファームにて、 5 年間で 15 を超えるグローバル企業の新事業/技術戦略策定、企業統治および内部統制強化などに従事。その後、東京大学での開発途上国の経済成⻑に寄与するエネルギーシステム構築の研究を経て、サウジアラビア、バングラデシュ、ラオス、カンボジア、ケニア、タンザニア、そして日本の被災地等のエネルギー・水・衛生・農業・リサイクルにおける社会課題を解決するプロジェクトに参画。衛星からの新たな情報によるイノベーションで持続可能な未来を作ることを目指し、2018 年に株式会社 Synspective を創業。
伊藤 美樹氏
株式会社アストロスケール 
代表取締役


日本大学大学院航空宇宙工学専攻修了後、内閣府最先端研究開発支援プログラム「(通称)ほどよし超小型衛星プロジェクト」にて2 機の超小型人工衛星「ほどよし3 号機」「ほどよし4号機」の熱・構造設計、試験業務に従事。その後、およそ1年間、外国人留学生の衛星製造の指導や開発サポート業務を経て、2015 年4 月アストロスケール日本R&D に入社、同社代表取締役社長に就任。エンジニア業務も兼任し、デブリ除去衛星実証機、「ELSA-d(エルサ・ディー)」やJAXA の商業デブリ除去実証Phase1 の実証衛星「ADRAS-J(アドラス・ジェー)」の開発に従事。2018年には、「Forbes Emergent 25」や日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018」に選出、アストロウーマン賞を受賞。
アストロスケールグループ組織編成に伴い、2019年2月に同社ゼネラルマネージャー、2022年8月に代表取締役に就任。
第40回

モビリティ市場への新たな挑戦

  • 日時:
  • 講師:
2022年10月14日(金)14:00~17:30
深尾 三四郎氏
Mobility Open Blockchain Initiative(MOBI) 理事
伊藤忠総研上席主任研究員

1981年東京生まれ。経団連奨学生として麻布高校から英UWCに留学し国際バカロレアを取得。2003年英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)地理・環境学部環境政策・経済学科卒業。ヘッジファンドや国内外金融機関でのアナリストを経て、19年より現職。自動車業界で世界最大のブロックチェーン国際標準化団体「MOBI」ではアジア人として唯一の理事も務める。著書に『モビリティ・ゼロー脱炭素時代の自動車ビジネス』(日経BP)など。
多田 直純氏
ゼット・エフ・ジャパン株式会社 代表取締役社長

大阪工業大学応用化学科卒業後、ボルグ・ワーナー・オートモーティブやボッシュをはじめとするサプライヤー各社で要職を歴任。中国の電池メーカーであるCATL社(コンテンポラリー・アンプレックス・テクノロジー)の日本法人立ち上げを経て、2019年ゼット・エフ・ジャパン株式会社 代表取締役社長に就任。モビリティが変革するCASE時代に生き残るため、戦略的な組織改革を実行、現在に至る。
岩田 和之氏
㈱本田技術研究所 先進パワーユニット・エネルギー研究所 エグゼクティブチーフエンジニア

1986年本田技研工業㈱入社。ホンダライディングシミュレータの開発担当後、1993年㈱本田技術研究所に異動してエンジン設計に従事、NSXや初代i-VTECの開発を担当。2005年に電動パワープラント研究開発に異動、Fit EVなどの開発を経て2012年から超小型EVの開発を陣頭指揮。2013年本田技研工業㈱に異動し,スマートコミュニティ関連の新事業企画を担当。2016年4月、㈱本田技術研究所に戻り執行役員就任。ホンダモバイルパワーパックおよびHonda eMaaSなどの概念を提案~開発を指揮しながら、2020年にはトヨタ自動車とのコラボレーション「Moving e」を推進。2021年4月から現職。
第39回

リアルの世界を超えて ~メタバースの可能性~

  • 日時:
  • 講師:
2022年5月19日(木)14:00~17:30
廣瀬 通孝氏
東京大学名誉教授
東京大学先端科学技術研究センターVRプロジェクトリーダー

1982年東京大学大学院修了(工学博士)。
同年東京大学工学部専任講師、83年同助教授、99年東京大学先端科学技術研究センター教授、2006年東京大学大学院情報理工学系研究科教授、18年東京大学連携研究機構バーチャルリアリティ教育研究センター機構長など。20年4月より現職。
専門はシステム工学、ヒューマンインタフェース、バーチャルリアリティ。主な著書に「バーチャル・リアリティ」(産業図書)、「ヒトと機械のあいだ」(岩波書店)など多数。総務省情報化月間推進会議議長表彰、東京テクノフォーラムゴールドメダル賞、大川出版賞、など受賞。
日本バーチャルリアリティ学会会長、日本機械学会フェロー、産業技術総合研究所研究コーディネータ、情報通信研究機構プログラムコーディネータ等を歴任。
加藤 直人氏
クラスター株式会社
代表取締役CEO


京都大学理学部で、宇宙論と量子コンピュータを研究。同大学院を中退後、約3年間のひきこもり生活を過ごす。
2015年にVR技術を駆使したスタートアップ「クラスター」を起業。
2017年、大規模バーチャルイベントを開催することのできるVRプラットフォーム「cluster」を公開。
現在はイベントだけでなく、好きなアバターで友達としゃべったりオンラインゲームを投稿して遊ぶことのできるメタバースプラットフォームと進化している。2018年経済誌『ForbesJAPAN』の「世界を変える30歳未満30人の日本人」に選出。
著書に『メタバース さよならアトムの時代』(集英社/2022年)
レポートを見る
第38回

人と機械の未来  ~ムーンショット型研究開発によるアプローチ~

  • 日時:
  • 講師:
2022年3月2日(水)14:00~17:30
福田 敏男氏
名古屋大学名誉教授 
名城大学教授 
早稲田大学特命教授
粕谷 昌宏氏
株式会社メルティンMMI 代表取締役
レポートを見る
第37回

バイオサイエンスが切り拓く未来

  • 日時:
  • 講師:
2021年11月19月(金) 14:00~17:30
竹内 昌治氏
東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻 教授
神奈川県立産業技術総合研究所 人工細胞膜システムグループ グループリーダー
川島 一公氏
インテグリカルチャー株式会社 取締役CTO
レポートを見る
第36回

技術革新が産み出すセンサ/センシング技術の進化

  • 日時:
  • 講師:
2020年11月18日(水)14:00~17:30
鎌田 俊英氏
国立研究開発法人産業技術総合研究所 センシングシステム研究センター 研究センター長
諏訪 正樹氏
オムロン サイニックエックス株式会社 代表取締役社長
レポートを見る
第35回

デジタルトランスフォーメーション時代におけるサイバーセキュリティ 「佐々木良一」先生の ご講演がキャンセルとなりました。そのため、本会合は全体スケジュールと参加費を変更して開催いたします。何とぞ事情をご理解いただきますようお願いいたします。

  • 日時:
  • 講師:
2020年8月7日(金)14:00~17:00
佐々木 良一氏
東京電機大学研究推進社会連携センター顧問 客員教授

新型コロナウイルス感染の状況を鑑みてのご所属大学の方針により、 弊所へのご出講が叶わないこととなりました。
佐々木先生のご講演を楽しみにされていた方々に大変申し訳ございませんが、何とぞ事情をご理解いただきますようお願いいたします。
名和 利男氏
サイバーディフェンス研究所(日本) 専務理事/上級分析官 
兼 Nihon Cyber Defence(英国) ディレクター
レポートを見る
第34回

未来を拓く最先端医療 ~ゲノム解析・個別化医療・生体シミュレーション・IT創薬~

  • 日時:
  • 講師:
2019年12月17日(火)14:00~18:30
奥野 恭史
京都大学大学院医学研究科 ビッグデータ医科学分野 教授 
理化学研究所 科学技術ハブ推進本部 医科学イノベーションハブ推進プログラム 副プログラムディレクター
油谷 幸代
産業技術総合研究所 生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ 副ラボ長
レポートを見る
第33回

第5世代移動通信システム(5G)

  • 日時:
  • 講師:
2019年11月7日(木)14:00~18:30
亀井 卓也
株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部 ICTメディア・サービス産業コンサルティング部 テレコム・メディアグループマネージャー
中村 武宏
株式会社NTTドコモ 執行役員 5Gイノベーション推進室室長
レポートを見る
第32回

量子コンピューターがもたらす情報革命

  • 日時:
  • 講師:
2019年8月27日(火)14:00~18:30
井元 信之
大阪大学 先導的学際研究機構量子情報・量子生命研究部門 特任教授
大阪大学名誉教授  
東京大学 大学院理学研究科フォトンサイエンス機構 特任研究員
小野寺 民也
日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所副所長 技術理事
レポートを見る
第31回

人と機械の未来 ~人間の能力を拡張する~

  • 日時:
  • 講師:
2019年6月4日(火) 14:00~18:30
暦本 純一
東京大学大学院情報学環 教授
ソニーコンピュータサイエンス研究所 フェロー・副所長
持丸 正明
産業技術総合研究所 人間拡張研究センター 研究センター長
レポートを見る
第30回

機械と人の未来 ~しなやかなロボット開発と新たなAI研究~

  • 日時:
  • 講師:
2019年3月27日(水) 13:30~19:30
鈴森 康一
東京工業大学工学院 教授

谷口 忠大
立命館大学情報理工学部 教授
パナソニック株式会社ビジネスイノベーション本部 客員総括主幹技師
レポートを見る
第29回

次世代ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)

  • 日時:
  • 講師:
2019年2月27日(水) 13:30~19:30
松岡 聡
理化学研究所 計算科学研究センター センター長
佐々木 直哉
株式会社日立製作所研究開発 グループ技師長
レポートを見る
第28回

エネルギー革命 ~発電と蓄電の未来~

  • 日時:
  • 講師:
2019年1月23日(水) 13:30~19:30
瀬川 浩司
東京大学大学院 総合文化研究科広域科学専攻 教授
堀江 英明
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授
レポートを見る
第27回

「デジタル医療 第4次医療革命 Medicine 4.0」

  • 日時:
  • 講師:
2018年12月26日(水) 13:30~19:30
村垣 善浩
東京女子医科大学先端生命医科学研究所
先端工学外科学分野 教授 
 
中島 直樹
九州大学病院メディカル・インフォメーションセンター 教授/センター長
レポートを見る
第26回

材料インフォマティクス ~革新的材料開発と最先端技術~

  • 日時:
  • 講師:
2018年10月24日(水) 13:30~19:30
船津 公人
東京大学工学系研究科化学システム工学専攻 教授
奈良先端科学技術大学院大学データ駆動型サイエンス創造センター 研究ディレクター
津田 宏治
理化学研究所革新知能統合研究センター分子情報科学チーム チームリーダー
東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻 教授
レポートを見る
第25回

アディティブ・マニュファクチャリング ~3次元造形技術によるものづくり革命~

  • 日時:
  • 講師:
2018年9月28日(金) 13:30~19:30
京極 秀樹
近畿大学工学部 ロボティクス学科教授
前田 寿彦
株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ アディティブ・マニュファクチャリング事業部
レポートを見る
第24回

エネルギーハーベスティング  ~発電と充電のテクノロジー~

  • 日時:
  • 講師:
2018年8月28日(火) 13:30~19:30
桑野 博喜
東北大学未来科学技術共同研究センター 教授 
竹内 敬治
株式会社 NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット シニアマネージャー
レポートを見る
第23回

AIの進化に伴う人文社会系の問題を考える ~知的財産権の観点から~

  • 日時:
  • 講師:
2018年7月23日(月)13:30~19:30
上野 達弘
早稲田大学法学学術院 教授
亀井 正博
一般財団法人ソフトウェア情報センター(SOFTIC)専務理事
レポートを見る
第22回

マルチモーダル・クロスモーダル 人の五感情報の統合 ~相互作用の仕組みと応用について~

  • 日時:
  • 講師:
2018年6月26日(火)13:30~ 19:30
安藤 広志
情報通信研究機構(NICT)脳情報通信融合研究センター(CiNet)脳機能解析研究室副室長
鳴海 拓志
東京大学大学院 情報理工学系研究科 知能機械情報学専攻講師
レポートを見る
第21回

画像センシングの現状と未来

  • 日時:
  • 講師:
2018年5月22日(火) 13:30~19:30
岡谷 貴之
東北大学大学院情報科学研究科教授・理化学研究所 革新知能統合研究センターチーム長
島田 啓一郎
ソニー株式会社執行役員 コーポレートエグゼクティブ
レポートを見る
第20回

「AIの進化に伴う人文社会系の問題を考える」 ~雇用/働き方/人材育成の観点から~

  • 日時:
  • 講師:
2018年4月23日(月) 13:30~19:30
岩本 晃一
独立行政法人経済産業研究所上席研究員
鈴木 敏恵
シンクタンク未来教育ビジョン代表・一級建築士
レポートを見る
第19回

ブロックチェーン技術とその展開について

  • 日時:
  • 講師:
2018年3月28日(水)13:30~19:30
笠原 正治
奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科教授
今井 俊宏
シスコシステムズ合同会社イノベーションセンターセンター長
レポートを見る
第18回

AI、IoT、ビッグデータの進展により医療はどう変わるのか

  • 日時:
  • 講師:
2018年2月20日(火)13:30~19:30
大江 和彦
東京大学大学院医学系研究科医療情報学分野教授
西野 均
日本アイ・ビー・エム株式会社 東京基礎研究所研究開発ビジネス開発部長
レポートを見る
第17回

IoTセキュリティについての研究動向と対策および今後の展望

  • 日時:
  • 講師:
2018年1月23日(火)13:30~19:30
森 彰 
産業技術総合研究所情報技術研究部門ソフトウエアアナリティクス研究グループ長 兼 住友電工-産総研サイバーセキュリティ連携研究室長
梶本 一夫
パナソニック株式会社全社CTO室ソフトウェア戦略担当理事
レポートを見る
第16回

防災・減災を克服するためのAIやIoT、ビッグデータの活用について

  • 日時:
  • 講師:
2017年12月26日(火 )13:30~ 19:30
堀 宗朗
東京大学 地震研究所巨大地震津波災害予測研究センターセンター長、教授
内閣府SIP「レジリエントな防災・減災機能の強化」プログラムディレクター
上田 修功
理化学研究所 革新知能統合研究センター 副センター長
レポートを見る
第15回

AIやIoTによる社会インフラの維持管理について

  • 日時:
  • 講師:
2017年10月31日(火)
藤野 陽三
横浜国立大学 先端科学高等研究院上席特別教授
内閣府SIP「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」プログラムディレクター
村川 正宏
産業技術総合研究所 人工知能研究センター人工知能応用研究チーム長
(兼)筑波大学 システム情報系 教授(連携大学院)
湯田 晋也
株式会社日立製作所 研究開発グループ
制御イノベーションセンタスマートシステム研究部部長
レポートを見る
第14回

VR(仮想現実)/AR(拡張現実)について

  • 日時:
  • 講師:
2017年9月21日(木 )13:30~ 19:30
廣瀬 通孝
東京大学大学院情報理工学系研究科 教授
榊原 彰
日本マイクロソフト株式会社 執行役員 最高技術責任者(CTO)
レポートを見る
第13回

インテリジェント農業について

  • 日時:
  • 講師:
2017年8月29日(火) 13:30~19:30
井熊 均
株式会社日本総合研究所 専務執行役員
若林 毅
富士通株式会社 イノベーティブIoT事業本部 Akisai事業部 エキスパート
レポートを見る
第12回

自動走行システムについて

  • 日時:
  • 講師:
2017年7月24日(月) 13:30~19:30
有本 建男
国際高等研究所副所長、政策研究大学院大学 教授
葛巻 清吾
内閣府SIP自動走行システム プログラムディレクター
トヨタ自動車株式会社 先進技術開発カンパニー 常務理事
上條 俊介
東京大学 情報学環 准教授
古屋 輝夫
理化学研究所 理事長室長
レポートを見る
第11回

アフェクティブ・コンピューティングについて

  • 日時:
  • 講師:
2017年6月21日(水) 13:30~19:30
渡邊 克巳
早稲田大学 理工学術院基幹理工学部表現工学科 教授
池谷 浩二
株式会社シーエーシー 取締役 業務担当執行役員
イノベーションカンパニー長
下地 貴明
スマートメディカル株式会社 取締役ICT事業本部長
レポートを見る
第10回

Industrie 4.0と日本のとるべき戦略について

  • 日時:
  • 講師:
2017年5月30日(火) 13:30~19:30
神澤 太郎
シーメンス株式会社プロセスオートメーション部部長
小川 紘一
東京大学政策ビジョン研究センターシニアリサーチャー
レポートを見る
第9回

サイバーフィジカルシステムについて

  • 日時:
  • 講師:
2017年4月25日(火) 13:30~19:30
喜連川 優
国立情報学研究所所長
東京大学生産技術研究所 教授
萩田 紀博
株式会社国際電気通信基礎技術研究所 フェロー
知能ロボティクス研究所所長
レポートを見る
第8回

AIの普及に伴う社会の課題

  • 日時:
  • 講師:
2017年3月28日(火) 13:30~19:30
須藤 修
東京大学大学院情報学環教授
中村 桂子
JT生命誌研究館長
レポートを見る
第7回

仮説検証型社会からデーター駆動型社会への構造変化を促進するAI

  • 日時:
  • 講師:
2017年2月14日(火) 13:30~19:30
北野 宏明
ソニーコンピューターサイエンス研究所
代表取締役社長
齊藤 元章
株式会社PEZY Computing 代表取締役社長
レポートを見る
第6回

AIがもたらす産業構造の変化と自動運転技術

  • 日時:
  • 講師:
2017年1月25日(水)13:30~19:30
関 啓一郎
総務省近畿総合通信局長
谷口 恒
株式会社ZMP代表取締役社長
レポートを見る
第5回

AI先進企業での具体的な活用と今後の展開に対する理解を深める

  • 日時:
  • 講師:
2016年11月2日(水)13:30~19:30
鈴木 清幸
株式会社アドバンスト・メディア代表取締役会長兼社長
澤 博史、他
データセクション株式会社 代表取締役社長
向井 永浩、他
株式会社 Nextremer CEO
武田 秀樹
株式会社 FRONTEO 取締役最高技術責任者 行動情報科学研究所 所長
丸山 宏
株式会社 Preferred Networks 最高戦略責任者
レポートを見る
第4回

産総研におけるAIへの取り組み及び自然言語認識の現状と課題を理解する

  • 日時:
  • 講師:
2016年10月3日(月)13:30~19:30
辻井 潤一
産業技術総合研究所人工知能研究センター センター長
乾 健太郎
東北大学大学院情報科学研究科教授
関根 聡
ニューヨーク大学准教授
レポートを見る
第3回

AIにおけるIBMの最新技術動向と先端適用事例紹介

  • 日時:
  • 講師:
2016年8月29日(月)13:30~19:30
久世 和資
日本IBM 執行役員 研究開発担当
高木 啓伸
IBM東京基礎研究所
山道 新太郎
IBM東京基礎研究所 サイエンス&テクノロジー担当
レポートを見る
第2回

理研などの国研や大学とそれぞれの研究開発成果をつなぐ

  • 日時:
  • 講師:
2016年7月22日(金)13:30~19:30
杉山 将
理化学研究所革新知能統合研究センター長
竹村 彰通
滋賀大学データサイエンス教育研究センター長
レポートを見る
第1回

AIの最新動向や知識をシェアする

  • 日時:
  • 講師:
2016年6月21日(火)13:30~19:30
長尾 真
国際高等研究所所長
金出 武雄
カーネギーメロン大学ワイタカー記念全学教授
レポートを見る